「アショカ」のご紹介
グループホームでのケア   介護体制 フロア・設備 介護スタッフ  利用対象者 利用料金 連絡先
グループホームでのケア
少人数で共同生活を営むことにより、なじみの関係が生まれ、精神的な安定が得られます。それにより、徘徊、興奮、不安、妄想などの症状が軽減し、認知症の進行が緩やかになってきます。

介護スタッフとの共同生活を送ることで、忘れかけていた自然な日常の生活を取り戻し、生活能力の維持、回復が得られます。
なじみの家具を持ち込み、写真を飾るなど慣れ親しんだ部屋作りができます。
それぞれがホームでの役割を持つことにより、生き甲斐と自尊心の回復が得られます。
グループホーム「アショカ」は、スピリチュアルケアの導入など心の癒しを重視したケアを行います。
介護体制
介護スタッフが24時間常駐し、ケアにあたります。

事業母体が医療機関であるため、日々の健康管理も安心です。 また、病院、歯科医院、介護老人保健施設とも連携しています。

 

【事業母体】
医療法人 ビハーラ藤原胃腸科
愛媛県松山市中央2丁目1236−5  TEL:(089)925-1313

次のページ >>