理念

管理者 相原あや子

 
  私は、2月15日、16日に大阪で開催された全国痴呆性高齢者グループホーム協会主催の施設長・ホーム長研修を受講しました。その時、ある講師の先生が「痴呆の方がやりたい生活はその本人でないと解らない。私達介護者が、これでいいんだと決めることは出来ない。痴呆の人は1人1人違う。1人の人でもその時その時で違う。介護者も1人1人違う。私達は痴呆の介護という終わりのない旅に出たんだ。掲げた理念に合っているかどうか、常に自分の介護を見直す。答えは関わる者にしか解らない。」と、講義の冒頭で熱く語られたのがとても印象的でした。私も、日々これでいいんだろうか、こんな時はどうすることが入居者の方にとって有益なんだろうかと暗中模索の連続です。ルンビニーの大黒柱である理念はスタッフ全員の意見を集約し、また高齢者痴呆介護研究・研修東京センターの主任研修主幹である永田久美子氏の著書も参考にさせていただき作成しました。

理念

・安らぎと健やかさが保たれるよう、心身の症状の緩和、増悪の予防を図る。
・自信と誇りを保つための自立支援を行う。
・個性を発揮でき、その人らしい生活の豊かさを維持拡大する支援を行う。
・主体性・人権が尊重された暮らしの支援を行う。

支援の方向性

・ゆったりとくつろげる家庭的な雰囲気作りを行う。
・1人1人の生活のリズムや自己決定を大切にする。
・存在感、達成感を満たすよう、側面からの支援を行う。
・1人1人の心を読み取り支援につなげる。

 痴呆介護という終わりのない旅に出た私達は、スタッフ1人1人が、またスタッフ全体で、常に自分たちの介護を見直す作業を繰り返し入居者と関わっていきたいと考えています。

【第1回】
「おばちゃん」
介護スタッフ 加藤健次

 Yさんは77歳の女性。昨年の3月24日に入居し、当初から帰りたい願望が強く、しかも夕方になるとだんだんと落ち着きがなくなり、外に出ていこうとするのです。(徘徊癖のあるお年寄り特有のたそがれ症候群と言われている。)「ちょっと出てこうわい」と言って外に出ては、スタッフが呼び止めたり後を追って見守ったりすることが、ほぼ毎日のように続いていました。また、食事の時声かけしても、居室に鍵をかけなかなか出て来ないで、「もういらんで!」と言って食べないことも再三あり、排泄、入浴、更衣など全てにおいて、拒否していました。

  入居する半年前までは大変お元気で、地区の老人会では中心となって皆さんのお世話をしておられたようでしたから、今の自分を受け入れることができなかったのでしょう。また、Yさんの長女である娘さんも、「あんなにしっかりしていた母だけに、もう少しなんとかできないのだろうか。」と嘆いておられ、本人同様に今の現実を受け入れることができませんでした。どうすればYさんにとってこのグループホームが居心地のよいところであるというふうに感じてもらえるのか、そして、ここで役に立って必要な人間であると認識してもらうにはどうすればよいかを検討しました。その結果、Yさんの言動を自由にありのままで決して否定せずに、全てを受け入れてみようということになりました。たとえ失禁があっても、特に羞恥心の強いYさんは濡れたものを隠そうとしますが、それをこっそり探して処理し何事もなかったようにしたり、食堂でおもらしをした時も、「ごめん水がこぼれてしまった」と、何気なく拭いていました。

  ちょうどこの頃、Yさんより少し後に入居したKさんのお世話をYさんがし始めました。YさんはKさんのことを、今は亡き息子さん(娘さんの話によると、入院していた息子さんを、毎日つきっきりで看病されていたそうです。)と思い込み、傍目から見たら過剰気味なほど、Kさんの食事を介助したり、トイレへ一緒について行き後処理をしたり、本当に細目にお世話をするようになりました。Yさんにとって、Kさんのお世話をするのは自分の役目であると思っていたし、スタッフからKさんのお世話をした後で、「ありがとう」と言ってもらえるのが嬉しかったように思えました。また、Kさんにおしぼりを干して頂くようお願いしKさんが干していると、いつもそばにいるYさんがそれを見て、自分から干すようになりました。逆に、KさんもYさんが食事に来ない時や外に出た時は、「S子」とYさんを呼び、YさんはKさんに呼ばれると、部屋から出てきたり外から戻ってきたりしていました。

  入居3ヶ月を過ぎた頃、今まで「Yさん」と呼んでいたのを「おばちゃん」と呼んでみたところ、「はーい、なんな」と快い、反応のよい返事だったので、これ以降、Yさんのことをご家族の了解を得て「おばちゃん」と呼ぶことにしました。スタッフはYさんがKさんのお世話をするのを、間接的に見守りながら支援を行っていました。「やっぱりおばちゃんがおらんといかん。Kさんのこといつもありがとう。これからもお願いします。」と言って、認め、誉めることによって次第に笑顔が見られるようになりました。

  そして8月の花火大会のあった日、玄関からバルコニーに出て外を眺めていたので、「どこへ行きよったん?」と尋ねると、「どこへ行こうがなかろうが、私はここにしかおる所がないんぜ。」と驚きの返答がありました。このグループホームがYさんにとっての居場所であるというのを見つけた瞬間であったと思われました。娘さんもこの変化に大変驚き、私たちの行っている支援を受け入れてくださり、協力を得ることができました。Kさんは昨年末から体調不良のために寝たきりとなり、Yさんの負担が大きくなったので、スタッフが「おばちゃん、私がしようわい。休んどってね。」と言うと、「あんたらのお陰で助からい、ありがとう。」と嬉しい言葉が返ってきました。入居当初の暗い面影は全くなく、信頼関係を築きあげることができたと実感しています。最近ではスタッフに、「ちょっとこっちに座りなさいや。」と気楽に声をかけてくるようになり、徐々になじみの人間関係が生まれてきています。おばちゃんを通じて、いろいろなことを学び、教えて頂きました。またこれからも学んでいこうと思っています。おばちゃん、本当にありがとうございます。これからもルンビニーで皆と仲良く暮らしましょうね。
 
 バックナンバー