スカートの染み

管理者 相原あや子

 
 

 行きつけの美容院で、その日は毛染めをしてもらいました。美容院の後、一度家に帰る間もなくスケジュールがありましたので、午後にある会に出席するため、朝から私のちょっとお気に入りの薄いベージュ色のスカートをはいて出かけたのです。美容院が終わって会に出席する間の時間、ルンビニーに立ち寄りました。ルンビニー内をスカートでウロウロするのをはばかり、更衣室でGパンにはき替えたとき、スカートの真後ろに数mmの黒っぽい染みを発見しました。石鹸でつまみ洗いをしても、ベンジンで拭いても消えません。

 翌日クリーニング店にそのスカートを持参し、染み抜きを頼みました。「もし毛染めの液なら取れませんよ。」といわれました。数日後、取りに行ったスカートの染みは茶色っぽくなっているものの消えてはいませんでした。「これ以上色々すると、周りの生地が色落ちし、余計に目立つから。」とのこと。「この間もありましたよ。あなたのようなお客さん。でも、美容院には言えないとおっしゃっていました。」とクリーニング店のご主人。

 私の行きつけの美容院は、郊外にある従業員共々3人の小さな美容院です。先生は自分の技術には自信を持った、明るくはっきりとした性格の方です。今回の染みのこと、説明に行こうか迷いました。迷いの原因は、10年間のいい人間関係が気まずくなるのではないか、そんなことが脳裏をかすめたからです。でも、話さないでいれば、美容院に行く度いつまでもすっきりしない自分がいることも想像がつきます。結局その足で、美容院に行くことに結論を出しました。そうすることに私をさせた最大の理由は、私も仕事では美容院の先生と同じ立場にあり、入居者やご家族がどんな些細なことでも疑問や不満を抱えておられたら、ぜひとも伝えていただきたい、そう思っているからです。

 美容院に行き、先生に経過を説明しました。すると先生は気持ちよく私の話を聞いてくださり、「こんなことのために保険にもはいっているし、相原さんはこうして言ってきてくださったけど、黙って我慢しておられた方もあるかもしれないし、気をつけなければとみんなで再認識させてもらいます。私たちは言ってきて欲しいけど、言う方は勇気いるのよねえ。」とおっしゃってくださいました。「絶対毛染めの染みだという確証がないのに、気持ちよく認めていただきありがとうございました。」とお礼を言い、美容院を後にしました。「私の髪のことはこの美容院にお任せしよう」そう心の中で再確認しました。

 この出来事は、ルンビニーの入居者やご家族が疑問や不満・不服を持たれた時、言いやすい雰囲気をスタッフ側が持っているか、改めて考えさせられる出来事でした。スタッフは理念に掲げているように、入居者の心を読み取って生活の支援や介護を行うよう日々心掛けてはいるものの、ご本人やご家族の立場とのズレは否めません。そこのズレを出来るだけ少なくしていくためには、「こんな事言っては・・・」とためらわれるような雰囲気をスタッフ側がかもし出すのではなく、些細なことでも聞いてみよう、こうしてほしいと言ってみようと思っていただけるように、スタッフが受容的態度で対応すること、これに尽きると考えます。そして、そのことに対する適切な対処は言うまでもありません。そうすることによって培われる信頼関係の蓄積が、「ここは私が安心して居られる所」、「私の大切な家族を任せておける所」になるのです。美容院での一出来事から、上記のようなことを再認識した次第です。ご家族の皆様、これからもご質問やご意見をお寄せください。私たちの気づきのヒントをお与えください。入居者の皆さんへよりよいケアを提供していくために。

【第6回】
「痴呆介護実務者研修を受講して」
介護スタッフ 井上 まり子


 平成15年度痴呆介護実務者研修が8月25日〜27日の3日間、今治総合福祉センターで行われ、ルンビニーからも私を含め3名のスタッフが参加しました。今回の研修は、他のグループホームや介護老人福祉施設等、様々な施設からも参加されており、多くの方と話をすることができました。私にとって実り多き研修となりました。

 心に残ったことを書き留めたいと思います。書くことで私自身初心に戻り、高齢者の痴呆介護についてもう一度考え、今後のケアに役立てることができればと思います。

 初めに、研修で教えて頂いたことの中で、私なりに感じた痴呆介護で大切にしたいことをいくつかあげてみたいと思います。

  1. その人その人の生きてきた人生をよく知った上でケアすること。
  2. 一緒にいるだけで「ホッ」と安心できる介護者であること。
  3. その人が生き生きする時、輝く時、またうれしかったり、楽しかったりする場面を作ること。
  4. 自分がしたいことができ、自由である生活が送れ、力が湧いてくる環境を作ること。
  5. 役割は見つけるもので、与えるものではないこと。
  6. できること、できないことを把握し、できることを支援していく。(無理にできないことをさせてはいけない。)
  7. その人の今置かれている世界に入って(受容)、その上で何を支援すればいいかを考えケアしていく。
  8. 排泄は快適に、食事は楽しく。
  9. 関わっているスタッフの心が豊かであること。
  10. スタッフ同志が心ひつにして(チームワーク)、ケアに当たる(チームケア)が大切。
と教わりました。

 次に、コミュニケーションの取り方の中で、バーバルサイン(言葉そのもの)と、ノンバーバルサイン(言葉の強さ、弱さ、表情、相手の立場に立つことなど)があること。しかし、言葉は通じなくても、優しい笑顔で隣にいるだけでコミュニケーションが取れることも教えて頂きました。このことを聞きながら、私はふとHさん(女性・93歳・現在入院中)とKさん(女性・84歳)の会話を思い出していました。お2人の会話は、いつも平行線で交わることはなかったのですが、お2人とも、終始笑顔で話をされていました。心が通じ合うとは、まさにこのことを言うのだと思いました。きっとお互いが相手の心の安定剤となり、いい関係が築けていたのだと思います。Kさんは今、話をするお相手がいなくなったことで、少し寂しげにされているように見えるのは私だけでしょうか。

 最後に、これからは、スタッフ、入居者共になじみの関係ができるユニットケア(個別介護)に変わりつつあります。でも、大勢でいることが「好き」と思われるお年寄りもおられると思うのです。そのために、介護老人福祉施設、在宅、グループホーム等、それぞれ役割があると教わりました。

  私達はお年寄り自身、居心地がいいと思うところで、安心して、穏やかに、張りのある生活を送ることができるように、ひとりひとりに合わせたケアに努めなければならないと再確認し、3日間の研修を終えました。「初心」と「笑顔」を忘れないように、これからも頑張りたいと思いますので、よろしくお願いします。

 
 バックナンバー