ホームページとメール 〜ご家族とのふれあい〜

グループホーム ルンビニー アショカ 施設長 相原 あや子

 Tさんは2月15日で87歳になられた女性です。有料老人ホームに入居されていましたが、生活全般において見守り、介助が必要になってきたため、ご家族の希望で平成16年9月1日アショカに入居されました。Tさんには男3人女3人の子供さんがおられます。Tさんのことに主になって関わっておられるのは、松山在住の娘さんお二人です。大阪にお住まいの長男さんからは時々メールをいただきます。昨年10月22日、松山郊外にある「せせらぎ亭」にみんなで遊びに行き、鱒釣りを楽しんだ後川魚料理を食べ、秋の一日を過ごしました。その時、Tさんのその息子さんが松山に帰っておられ一緒に行かれました。Tさんは途中車酔いをされましたが、せせらぎ亭で休まれると回復され、息子さんとの小旅行を楽しまれている様子でした。

  息子さんからその日の夜、メールをいただきました。
グループホーム アショカスタッフの皆様

  本日の奥道後、「せせらぎ亭」散策の催しに参加させて頂きまことに有難う御座いました。
不慣れな私ですので、かえって足手まといになったのではないかと恐縮しております。身内にもできかねる程の親身なお世話を頂き、まことに有難く、申し訳なく思っております。
  もとより、吾が母は、ほかの皆様の数倍お手をわずらわしているだろうこと、承知しております。にもかかわりませず、親身なお世話を頂き、まことに有難く感謝致します。
  本当に大変だろうとお察しいたしますが、なにとぞ今後ともよろしくお願い申し上げます。メールにて失礼とは思いましたが、一言御礼申し上げます。
  スタッフの皆様にくれぐれもお宜しくお伝え下さい。

 それから1週間後、息子さんから封書が届きました。中にはせせらぎ亭の写真が!
 同時にメールもいただきました。

アショカスタッフの皆様

 本日、こちら大阪では抜けるような秋空です。
  先日は、お忙しいところへお邪魔し、せせらぎの郷へまでお連れ頂き、誠にありがとう御座いました。お陰で私ども親子有意義な一日を送ることができました。母は、皆さんとのお話しに、あまり加われませんがきっと楽しい一日だったと思います。
  さて、その折撮影しました私の写真を、4枚ばかり別便にてお送りさせていただきました。枚数を稼ごうと画素数を落として撮りましたのでいい写真にはなりませんでしたが、雰囲気だけでも感じて頂けたらと思います。
  尚、私ども母にも同じものを送っております。従って同封の写真は皆さんでご覧になって頂けたらと思います。

 思い返せば、息子さんはせせらぎ亭の周辺をカメラに収められていました。こんなにステキに編集して送ってくださるとは、その暖かいお心に感謝です。
 あわただしくもみんな元気で新年を迎えることができ、元旦には年賀のメールをいただきました。

アショカスタッフの皆様

 新年明けましておめでとう御座います。
  昨年中は母ともども大変お世話になり、まことに有り難うございました。本年、今後ますますお世話をお掛けするだろうと存じます。誠に申し訳なく、恐縮でございますが、なにとぞよろしくお願い致します。
  スタッフの皆さんにとりましては、お正月どころではないとお察し致します。どうか、お身体お気をつけ下さい。
  皆様の本年のご多幸をお祈り致しております。

 ホームページが更新される毎月27日を楽しみに待っていてくださる息子さん、1月27日にいただいたメールです。

 こんにちわ。
 いつも母がお世話になりありがとう御座います。
 毎月末発行のアショカNews楽しみにしております。また、今月のNews写真、早速拝見いたしました。
  以前お邪魔したときお顔を覚えたおじいちゃん、おばあちゃん達の様子が懐かしく思い出されます。皆さん、楽しくされているのが手にとるようにわかり、毎月末を楽しみにしております。
  ところで吾母は、聴覚が不自由なため電話では話ができず、いつも残念な思いをしておりますが、こうして写真Newsでお知らせして頂くと、楽しく、嬉しそうな母の様子がかわり、とても助かります。
  加えて母が、皆さんのお手を煩わせていることと心苦しくはありますが、感謝の気持ちで一杯です。
  さて、今年は平年より暖かいとは申せ、まだ暫くは、寒い日が続きます。どうか皆さんご自愛ください。

 Tさんの頭をムースで固め、ヤンキーTさんにしてしまったスタッフ(息子さん、お母さんをおもちゃにしてゴメンナサイ)。でも、Tさんバッチリポーズをとっておられました。Tさんはお耳がご不自由でも、豊かな表情でお考えやお気持ちを表現なさいます。
 2月27日に更新したホームページには、節分のお面をかぶった動画のTさん登場です。そして、またまたスタッフのオチャメ心でにんじんの切り抜きでふざけているシーン。
 

 おはよう御座います。
  今月のアショカニュース拝見しました。吾母今月は誕生日ということもあって、殊の外、楽しそうな様子が、手にとるようにうかがわれ嬉しく思います。
  私、失礼ですがお年寄りのホームに当初はなんとなく暗いイメージを持っておりました。それが以前の「T荘」や、現在の「アショカ」の皆さんの親身に接しておられる様子や、入所されている皆さんをうかがっておりますと、それがまったくの杞憂であったことを恥ずかしく思います。
  お年寄りの皆さん、とても明るく、茶目っ気があり楽しそうですね。吾母も皆さんにあやかり、とても楽しそうな様子を嬉しく思います。
  できれば私も、将来入所されている皆さんのような”年寄り”になって、貴「アショカ」でお世話になれれば・・・と、思い始めている自分のあつかましさが怖いです。
  スタッフの皆さん、お世話大変でしょうが、どうぞご自愛下さい。

   2月15日はTさんのお誕生日ということで、お祝いの額を作りました。Tさんがお好きな『きいちのぬり絵』にTさんのお顔をドッキングさせて・・・。「ご家族の方におしかりを受けたら、私が責任を持ちますから。」とスタッフG。度重なるアショカスタッフのオチャメ振り、ご家族の皆様どうかお許しください。
  息子さん、毎月のホームページを楽しみにしていてくださいね。そして、メール便、またお待ちしています。
 
バックナンバー