聞かせて下さい、生の声を。

デイサービスセンター ビハーラ 看護職員 水田 美由紀

 早いものでデイサービスセンター「ビハーラ」としての新たなスタートをきって3ヶ月が経とうとしています。皆様こちらでの生活や居心地はいかがでしょうか?初めの頃は、とまどい、不安といった心の部分で心配もあったかもしれません。それは私たちスタッフも同じで常に前向きな考えを持つよう努力して参りました。この頃では、皆様の表情が豊かになり、明るいお声が聞けるようになり安心しましたが、本当の意味での生の声でしょうか?ある方が話の途中に「慣れんな」とポツリと言われた言葉の重みが気になりました。スタッフに遠慮したり、スタッフの都合に合わせて、本心を伝えられない場合もあるかもしれません。もう少しその方に寄り添うべきだったと反省が残りました。


 自立支援するには何ができるのか、何ができないのか、残存能力を正しく見極める事が大切です。これからは職員の関わり方などきめ細やかな配慮が必要だと思います。一人ひとりを大切にし、心を大切にし、その人のやりたいこと、ニーズに合わせたケアができるよう努力していきたいと思っております。


 「慣れんな」と話された方も、最近皆様一緒でのゲームを取り入れるようになってからは、いつもの笑顔が戻ってきた感じがします。あせらず、ゆっくりです。


  • さあ〜、今日は何曲歌おうか。(カラオケ)
  • この花、何ていう名前?(生け花)
  • 筆運びがとっても上手ね。(習字・絵手紙)
  • 今日は女の子のふくろうを作ってあげようね。(手芸)
  • こけないように訓練頑張ろう。(リハビリ)
  • 花きれいだったね。(外出)
  • あ〜あ体が楽になったよ。(マッサージ・気功・ウォーターベッド)
  • このお饅頭ちょっと小さいかな?でも味がいいからいいよね。(お菓子つくり) 


  道後温泉に行けなくても、ビハーラで温泉、並んでの足湯はお話も弾みます。

  • 今日も1日本当に楽しかったな。よく笑ったな。
  • 今度はどこへ連れて行ってくれるのかな〜。
  • お金はいくら持っていこうか。
  • ご飯おいしかった。今度作ってみようかな。

など、皆様の生の声です。心の声も少し入っているのかもしれませんが、その他にも聞こえてきそうですね。もちろん、不安、不満といったお声があるのも現状です。これからもよい所だけではなく、投げかけて下さい、大切な皆様の本心を!!


 最後になりますが、何事にも夢中になって下さい。夢中になると脳の変化で変わるものがあります。

  1. きれいになる
  2. 元気になる
  3. 賢くなる
  4. 幸せになる



というものだそうです。これからも私たちと一緒に夢中になれるものをどんどん見つけていきましょう。そして、その場がこの「ビハーラ」であることを願ってやみません。ちなみに私は、皆様に笑いをお届けするのに夢中です。これからも笑顔一杯で楽しみましょう。

バックナンバー