かかりつけ医のもの忘れ外来 (2)
− 若年性認知症 −

医療法人ビハーラ藤原胃腸科 藤原壽則 

【症例】


K.I氏 59歳 女性
初診: 2007年6月18日
主訴: 仕事の能率低下

 職場の上司と一緒に受診する。患者は洋菓子を製造する会社に勤務し、温和な性格で、几帳面な仕事をする人であった。約1年前から菓子の製造について、出来上がった菓子が不出来で商品として使えない、予約を聞いても忘れている、釣銭を間違える、などの症状がみられるようになり、漸次増強してきた。家庭でも、調理に手違いがみられるようになった。もの忘れを自覚している。

【経過】
 会社を退職。2008年春ころから、服薬管理不能、外出して帰れなくなる、他人の自転車に乗って帰る、トイレの流しに下着を詰め込む、などの行為がみられるようになり、日付、曜日などが分からなくなる。

【検査所見】
 一般血液検査、ビタミンB12、甲状腺機能検査、血糖値には異常を認めない。長谷川式簡易知能評価スケール 22点

 E大学精神科神経科へ紹介。各種心理学的テスト、時計描画テスト、MRI、SPECTなどによる精密検査。

【診断】
 初老期アルツハイマー型認知症

【治療】
 アリセプト 5mg 1日1錠
 デイサービス 週4回通所

 64歳未満の若年性認知症について厚生労働省の研究班が群馬県で初めて行った本格的な実態調査から、全国の患者数が31000人〜52000人と推計されることが分かった。旧厚生省研究班が1996年度に同県などで実施したアンケート調査での推計数より5000〜14000人増えており、認知症の若年齢化が進んでいることが判明した。今回の研究では、原因疾患については、脳卒中などで起こる血管性認知症が最も多く、ついでアルツハイマー病の順となっている。その他、脳腫瘍、パーキンンソン病、ピック病などがある。高齢者の認知症と比べ若年性認知症では、原因が多く、多様な対応が求められている。

 

【予防・治療・介護】


 若年性認知症はその原因によって予防や治療、介護も異なります。最も多い原因である脳血管障害は、危険因子である高血圧、糖尿病、高コレステロール血症などを生活改善や薬による治療によって予防することは不可能でありません。アルツハイマー病の危険因子は、最近の研究によると脳血管障害の危険因子とよく似ており、こうした因子を少なくすることがアルツハイマー病の予防につながる可能性があると言われています。

 治療は、認知症の原因によって異なりますが、多くは治りにくい認知症です。アルツハイマー病については、アリセプトが唯一の治療薬ですが、効果は限られています。若年性認知症に対する特別な介護がある訳ではありませんが、我が国では十分な介護経験の蓄積がありません。高齢者と一緒にされることに対する拒否があり、生活背景が異なることから認知症高齢者とは別の介護が必要になってきます。

 

【心理・社会的な課題】


 以下、ぼけ老人を抱える家族の会(現、認知症と家族の会)の調査報告(1991年)より。


(1)収入の減少
 若年性認知症の人の多くは働き盛りで、認知症になることで会社を退職したり、自営業をやめざるをえなくなり、収入が途絶えるか障害年金を受けたとしても収入は減少します。このため、子供が大学を辞めて就労するなど、家族が生活を変えざるをえないなどの事態もみられます。


(2)子供への影響
 認知症の父や母と生活を共にすることの子供への心理的な影響は無視できません。子供が家庭内で暴力的になったり、家に帰らなくなったりということも起こっています。また、若年性認知症への偏見から子供の就職、結婚などで社会的に差別されるようなこともあるとのことです。


(3)サービス利用の差別
 デイサービスやショートステイなど、認知症高齢者へのサービスは多数ありますが、若年性認知症の人へのサービスはまだごくわずかしかありません。今回の厚生労働省の調査でも対象者のうち4割近くがサービスを全く受けていなかったと言われます。

 以上のように、若年性認知症については、多くの課題が山積しています。今後も患者は増え続けると思われ、早期の段階から診断・治療や福祉的支援を受けられる環境整備の施策が急がれます。認知症になっても本人や家族が生きがいを持って暮らせる仕組みが行政、地域などの連携によって構築されなければなりません。

バックナンバー