ビハーラにおいでよ 【 シリーズ No.5 】

ビハーラの良いところ!!

相談員 森田 久美子

 私が日々感じているビハーラの良いところは、アットホームな雰囲気だと思います。なぜそのように感じたのかと言いますと、スタッフ間はもちろん、利用者の方がいつも声を掛けてくださるからです。私がビハーラに勤務をすることになった初めの1週間、毎日皆様の前で挨拶をしたことを覚えています。それからあっという間に1年が経ち、今ではすっかり私のことを名前で呼んでくださる方、冗談を言い笑い合える方が増えました。いちスタッフではありますが、時には子供、孫のように可愛がってくださり、見守ってくださいます。特にある方から言われた「あなたは笑顔が良い」という言葉は、私を元気づけてくださり、私のモットーでもある”仕事はいつも笑顔で楽しむ!”ということを再認識させてくださいました。

 もちろん日々の業務で多くの方と関わりを持ち、支援をするということは容易なことではありません。思い通りにいかないことに葛藤することもあります。しかし、そんな時こそ、このビハーラのアットホームな雰囲気に癒され、改めて頑張ろう!と思います。それはビハーラができて、今までにビハーラで過ごされた方々の関わりの中で生まれた、何物にも代え難いものだと思います。私もビハーラの一員として、今後もこの素敵な空間の中で自分らしく仕事に取り組んでいきたいと思います。

新しい出会い

介護職員 土居 笑子

 1昨年、宇和町より松山にやって来て、昨年の6月からビハーラに勤めさせて頂くようになりました。デイサービスの仕事が好きですが、新しい事を覚えるのは大変です。皆さんに教えて頂きながら日々過ぎています。

 ビハーラに来た初日驚いたのは、毎朝般若心経を唱える事でした。この歳になるまで、まったく興味のない事でしたが、私も今では両親の仏壇の前で毎朝唱えています。お四国巡りが好きだった父が喜んでいると思います。

 ビハーラはリハビリもあり多くの趣味活動が充実しています。ボランディアの先生方が来て頂いて、習字、手芸、編み物、絵てがみ、紙細工、ヨガ、メイクセラピーなど利用者の方が自分で選んで好きな時間を過ごされています。スタッフだけでは援助出来ないアクティビティもボランティアの方々のお陰で数多く体験出来る事は素晴らしい事です。

 昨年7月にはビハーラ夏祭りがありました。初めての事で仕事を覚えながらスタッフ全員のダンス練習には悩まされました。AKBの「ヘビーローテーション」は元気の出る曲ですが、曲の速さについて行けず、覚えるのに苦労しました。家で練習していると、孫が喜んでいましたが、本番ではミニスカート姿で踊るばあちゃんの姿に、あんぐりとしていたようです。苦労しましたが楽しい思い出となりました。

 「人生先の事はわからない・・・」とよく言われますが、30数年ぶりにこの大好きな松山で働くようになるなんて思ってもみませんでした。若い頃勤めていた会社の側を送迎車で通る度懐かしく思われます。長年暮らした故郷の宇和には、友人、親戚、お世話になった沢山の人々との別れは残念で辛かったですが、ビハーラで新たな出会いがありました。世の中沢山いる人の中で巡り合った皆様との出会いを大切にして、ビハーラで楽しく過ごしていただけるよう、笑顔でお手伝い出来たらと思っています。どうか宜しくお願い致します。

バックナンバー