デイサービスセンタービハーラ 管理者 須賀 賢二

 この4月からデイサービスビハーラはさらにサービス内容を充実し、利用者の皆様とともに明るく楽しい時間を過ごしています。

 我が国では現在認知症の方が462万人、65歳以上の高齢者の15パーセントの人が認知症になっており、85歳以上では3人に1人が認知症だと言われています。そこで、ビハーラで認知症予防や症状改善のプログラムを新たに取り入れました。

 当デイサービスでは、下記の三本柱で、明るく楽しく認知症予防や症状の改善に取り組みます。

笑ってウキウキ −ラフターヨガ(笑いヨガ)−

 ユーモア、ジョークに頼らない笑うユニークなエクササイズと、ヨガの呼吸法を組み合わせたものです。エクササイズでは、基本として日々の生活の様子を創造力によって無限に作り出し、遊び心を最大に引き出して楽しみます。ストレスの軽減、楽しいホルモン(エンドルフィン)の分泌、血液循環の促進、人的交流の向上などの効果が期待できます。

食べてイキイキ −認知症予防食−

 毎日何気なくいただいている食事の成分の中には、認知症予防に効果があるものがたくさんあります。ビハーラでは毎日食材の中から一品取り上げて提示し、その食材に含まれる成分とその効果をご利用者の皆様と共有し、その後お食事が始まります。
 「ビハーラのごはんは美味しい!」との評判は、25〜30品目の食材を使った4人の栄養士や調理員の愛情の賜物です。「今日も美味しいごはん、いただきま〜す。」

動いてワクワク

 エクササイズとレクリエーションが合体した、簡単に楽しめて、カラダもココロも元気になる体操やゲームです。手足や上下肢を動かすだけでなく、頭も使いながらの運動も行い、仲間と一緒に楽しく、意欲を持って行っていただけるよう、促していきます。

 デイサービスセンタービハーラでは、今まで行っていたお出掛け行事、趣味活動など、継続して行っています。最近新たに加わった行事は、「パン屋さんが来る」「パステルアート(5月から予定)」です。
 個別リハビリテーションは3名の専門職がお一人お一人丁寧に対応させていただいています。もちろん、ビハーラ温泉もあります。

 以前にも増して内容充実のデイサービスセンタービハーラを、これからもよろしくお願いいたします。

 「和気満堂」は、和やかな楽しい雰囲気が満ち溢れる癒し空間です。

※拡大してご覧になるにはこちらをクリックしてください。

 
バックナンバー