ビハーラのカリスマスタッフ


 メディカサイトのカリスマスタッフ(2014年11月)に紹介された記事です。
 
 
 
<<ひとこと>>

 ビハーラに来て2年と8ヶ月が経ちます。
 介護業界に入ってからは、5年目で、現在27歳です。

 介護の仕事を選んだのは、以前から人と触れ合う仕事に就きたいとの思いがあり、実際に介護施設を訪問し、「家庭的な雰囲気で楽しそう!」 と思ったことがきっかけでした。
 大学卒業後は、介護の仕事をしていくなかで、その方の生活に触れ、よりその人らしい生活について考えていきたいと思ったことがきっかけで、在宅での介護に興味を持ちました。
デイサービスは日中の決まった時間のみのサービスですが、在宅での生活が在り、生活だけでなく、その方の家族様や周囲の環境を間近に感じ、日々のケアにつなげていく重要性を日々感じています。

 また、介護の勉強を始めて、自分が一番興味を持ったことが認知症でした。実際に認知症の方と関わるときれいな気持ちになれる気がします。利用者の方はみなさん心がきれいでとても敏感です。周囲の変化によく気付き、スタッフの表情の変化にも「どうしたの?」と声を掛けてくれます。そんなみなさんの力になりたい!と思い、日々お仕事をさせていただいています。

 認知症の方の行動は、接し方や話し方で、変わってきます。マニュアルではなく相手をしっかり見て、その場その場で接し方を考えながら、一人一人と向き合う…そんなところにもやりがいを感じています。これからもみなさんのお役に立てるように、いつもニコニコ楽しく、取り組んでいきたいと思います。

 
<<推薦者より>>

 笑顔が素敵で、利用者ばかりではなく、家族さんにも気に入られている彼女。まだ若いスタッフですが、年齢以上の度量があり、機転がききます。そして何より、自分の「介護観」をしっかり持っていて、信念を貫いているところが素晴らしいです!

  「かわいく一歩下がるとき」と「前に出て頼りになるとき」の2つの顔を使い分け、自然にスタッフ間での役割を調整できているのも彼女のワザだと思います。

 
 
 利用者さんからすると、私は孫みたいなもの。
 声がすると、こちらにやってきて頭をなでてくれたり、体調を崩して休んでいると「休んどったんか〜」と声をかけてくださったり、とても優しくしてもらっています。
 
 
 ポリシーは「いつも笑顔でいること」。利用者さんは、いつも表情をみて、敏感に感じ取っています。私が笑顔でいることで、楽しい気分になってくれると嬉しいです。
 
バックナンバー