かかりつけ医の認知症診療
1.超高齢社会と認知症

医療法人ビハーラ藤原胃腸科 藤原 壽則

  厚生労働省の発表によれば、日本における認知症の患者数は462万人(2012年時点)で、団塊の世代が75歳になる2025年には700万人に達すると予測しています。同年の日本の人口は約1億2000万人と推計されていますので、総人口の約6パーセントが認知症という時代を迎えることとなります。さらに、認知症予備軍とされている軽度認知(MCI)は今日でも400万人いるとされ、すでに認知症になっている人と合わせると862万人となり、高齢者(65歳以上)4人に1人が認知症か認知症予備軍なのです。10年後には両者を合わせると1000万人を超えるでしょう。

 本法人では、もの忘れ外来とともに、グループホーム、認知症デイサービスセンターを開設し、医療と介護の連携をはかってきました。さらに、2014年には、地域の認知症の人や家族、値域の人たち、専門職の人たちが気軽に集まって語り合う場として認知症カフェを開設しました。

 本稿では、認知症患者増加の最大の原因のひとつが寿命の延びと考えられることから、我が国の人口動態と高齢者人口推移と認知症に関するデータを紹介したいと思います。

1)我が国の人口動態
最新のデータによれば、総人口12744万人で、年々11万人減少しています。現在、女性の平均出生率は1.4(出生率2.2で人口はコンスタントに保たれる)。これに対して高齢者人口は3186万人で、人口の25.0%を占め、年に112万人増加しています。平均寿命は男79.4歳、女性86.4歳と、世界一の長寿国となっています。

 
我が国の人口動態(最新版)
総人口   12744万人(11万人減)
高齢化(65歳以上)  

25.0%(0.9%増)

    3186万人(112万人増)
平均寿命   男 79.4歳(65歳時の余命18.9歳)
    (75歳時の余命11.6歳)
    女 86.4歳(65歳時の余命23.9歳)
    (75歳時の余命15.4歳)
 

2)高齢者(65歳以上)人口推移
我が国の人口のピークは2005年の1億2784万人で、高齢化率は19.6%である。2006年から2030年にかけては0〜64歳の人たちは年100万人ずつ減少する。それ以降0〜64歳のひとは減少するが、後期高齢者は増加しない。2050年には、人口は9515万人となり、今世紀末には人口は5000万人、高齢化率40.6%となるという。

 
高齢者(65歳以上)人口推移
2005   人口ピーク
   

1億2784万人 高齢化率19.6%

2006〜2030    
    0〜64歳 年100万人 減少
    後期高齢者 年60万人 増加
2030〜2050    
    0〜64歳 年100万人 減少
    後期高齢者 増加なし
2050   人口 9515万人(39.6%)
今世紀末   人口 5000万人台(40.6%)
 
 以上、我が国の人口動態、高齢者人口の推移と認知症のデータを紹介しましたが、認知症は医療、介護、福祉が一体となって取り組まなければならない課題だと思います。次回からはかかりつけ医として診療に従事している立場から、認知症の医学を中心に報告したいと思います。
 
バックナンバー