かかりつけ医の認知症診療
―認知症とは―

医療法人ビハーラ藤原胃腸科
藤原壽則

認知症の症状
中核症状と周辺症状
中核症状 脳の細胞が壊れることによって直接起こる症状
  記憶障害、見当識障害、理解判断力の低下、実行機能の低下など
  これらの中核症状のため周囲で起こっている現実を正しく理解できなくなります。
周辺症状 うつ状態、妄想、行動上の問題
  本人の性格、環境、人間関係などさまざまな要因がからみ合って起こる
 このほか、認知症にはその原因となる病気によって多少の違いはあるもののさまざまな身体的症状もでてきます。特に脳血管性認知症の一部では、早い時期から麻痺などの身体的症状が合併することもあります。アルツハイマー型認知症でも、進行すると歩行が拙くなり、終末期まで進行すれば寝たきりになってしまう人も少なくありません

中核症状
記憶障害
記憶とは
記憶障害は認知症の中核症状の一つで、必ずみられる症状です。
記憶は、記憶内容の観点と、保持時間の観点から以下のように分けられます。

記憶障害
認知症の記憶障害の特徴を説明しましょう。
初期では、数日前のことが思い出せなくなります。やがて、数分前にあったことも忘れるようになっていきます。
一方で、昔のこと、例えば、若いころの出来事や仕事で覚えた専門知識などはよく覚えていたりします。ある時、記憶のすべてがなくなってしまうというのではなく、新しい記憶から失われていくのです。
ですから、久しぶりに会った親族や友人から「昔のことをしっかり覚えているじゃないか。心配いらないよ。大丈夫だよ」などと言われることがしばしばあります。
「昨日あったことをすっかり忘れている」「同じことを何度も聞く」などがみられるときは、早めに専門医の診察を受けましょう。

見当識障害
1)認知症の症状は記憶力の低下だけではありません。「今日は何月何日だ」「そこの角を曲がれば床屋さんだ」など、ふだん当たり前に認識している時間や場所の感覚が薄れていくのも認知症の特徴です。時間や季節感の感覚が薄れてきます。
先ず、今日の日付や曜日、時間が分からなくなることが多いようです。もう少し進むと季節感のない服を着る、自分の年齢がわからない、などの症状がみられます。
2)迷子になったり、遠くへ歩いて行こうとする
自分のいる場所が分からなくなります。近所の店で買い物して帰り道がわからなくなったり、自分が住んでいる家の住所が答えられなくなったりします。さらに、近所で迷子になったり、夜、自宅で手洗いの場所が分からなくなったりします。また、とうてい歩いて行けそうにない距離を歩いて出かけようとします。
このように、「いつ」や「どこ」がきちんと認識できなくなる症状を「見当識障害」と言います。
3)人間関係の見当識はかなり進行してから
過去に獲得した記憶を失うという症状まで進行すると、自分の年齢や人の生死に関する記憶がなくなり、周囲の人との関係が分からなくなります。80歳の人が30歳代以降の記憶が薄れてしまい、50歳の娘に対して、姉さん、と呼んで家族を混乱させます。
また、とっくに亡くなった母親が心配しているからと、遠く離れた実家に歩いて帰ろうとすることもあります。

理解力・判断力の障害
1)例えば、認知症がしばしば調理の変化から発見されることがあります。それまで何気なくできていた料理も難しくなります。カレーライスを作るのにどんな材料をそろえるか、材料をどんな大きさに切るか、味付けの調味料に、なにを、どのくらいの量使うか、などの作業が困難になってきます。刺身に醤油をかけるか、ソースをかけるかの判断ができなくなります。
例えば、ご婦人の認知症がしばしば、訪問セールスに対して、自分に必要なものなのか、毎月の返済は可能なのか、といった判断が難しくなり、この種のトラブルもしばしばみられるものです。
2)理解力が落ちてくると、テレビドラマを見ていても内容が分からなくなることがあります。唯、画面を眺めていますが、登場人物の人間関係を理解したり、話の流れを記憶したり、理解することが困難になっていくのです。
さらに日常の会話でも、話のつじつまが合わなくなる場合もあります。
3)目にみえないメカニズムが理解できなくなります。
自動販売機や交通機関の自動改札、銀行のATMの前ではまごまごします。
全自動の洗濯機、火のみえないIHクッカーなどもうまく使えなくなります。

 
バックナンバー