要支援者の総合事業って何?

居宅介護支援事業所 ビハーラ 芝 洋子

介護保険の改正により、平成29年4月から「要支援」を受けている方の介護予防サービスの一部が自治体の「総合事業」への移行が始まりました。
いったいどのような見直しがされるのでしょうか?

今回の制度改正は、医療・介護一体改革に向けた制度改革の第一歩として、「医療から介護へ」、「施設から在宅へ」の方向を踏まえた改革のようです。また、社会保障の考え方としての「自助・互助・共助・公助」を基本とし、平成37(2025)年【団塊の世代が75歳以上の後期高齢者になる年】を目標とした「地域包括ケアシステム」【重度な要介護状態となっても住み慣れた地域で自分らしい暮らしを人生の最後まで続けることができるような仕組み作り】の完成に向けた第一歩という位置づけでもあると思われます。

自分でできることは自分で行う(自助)ことを原則に、公的サービスに頼る前に、地域の互助の推進、その上で共助、それでも対応できない場合には公助という考え方により、介護予防サービスの一部を本体給付からはずし、自治体の総合事業へと移す見直しがされることになります。
実際どのような見直しがされるのでしょうか? 

これまでのサービスを引き続きご利用いただけますが、ご自身の身体状況や生活状況により新たに始まるサービスも選択できるようになります。

介護予防給付のうち訪問介護・通所介護については、4月から地域支援事業の中の新しい介護予防・日常生活支援総合事業の介護予防・生活支援サービス事業に移行します。
介護予防給付の中の訪問介護・通所介護以外のサービス(デイケア・訪問看護、福祉用具等)は、引き続き介護予防給付によるサービス提供の継続となります。

ビハーラの居宅は、女性1名・男性1名の小さな事業所ですが 、1人でも多くの方々と出会い 住み慣れた地域社会の中で安心して生活を送って頂けるようお手伝いしたいと思っています。
お気軽に お声掛けください。

バックナンバー